« ウィーン国立歌劇場 「コシ・ファン・トゥッテ」 | トップページ | プッチーニ/「マノン・レスコー」 »

2008年10月24日 (金)

N響メンバーを迎えての「ピアノトリオの夕べ」

ハイドン:ピアノトリオ 第43番 ハ長調 Op75-1 HobXV-27

モーツァルト:ピアノトリオ 第6番 ト長調 K564

メンデルスゾーン:ピアノトリオ 第1番 ニ短調 Op49

林 智之Vi 田澤俊一Vc 水村さおりPf

めったに聴けないハイドンでしたが、格調高く、もっと演奏されてもよいのではと思える佳曲でした。

モーツァルトは、言うまでもありませんが、後半のメンデルスゾーンにいたっては、室内楽の醍醐味である、奏者同士の掛け合いも熱く盛り上がり、名曲の名演を堪能できました。

« ウィーン国立歌劇場 「コシ・ファン・トゥッテ」 | トップページ | プッチーニ/「マノン・レスコー」 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/42925643

この記事へのトラックバック一覧です: N響メンバーを迎えての「ピアノトリオの夕べ」:

« ウィーン国立歌劇場 「コシ・ファン・トゥッテ」 | トップページ | プッチーニ/「マノン・レスコー」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ