« 名フィル 第351回 定期演奏会 | トップページ | カルメン by ローザンヌ歌劇場 »

2008年10月19日 (日)

ヨハネス・モーザ 無伴奏チェロリサイタル

ヨハネス・モーザ 無伴奏チェロリサイタル

バッハから現代へ

ヨハネス・モーザ(チェロ)

バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調
ブリテン:「ザッヒャー」の主題
デュティーユ:ザッヒャーの名による3つのストロフ
ベリオ:レチタティーヴォ(無伴奏チェロのための)
ヘンツェ:カプリッチョ(無伴奏チェロのための)
ルトスワフスキ:ザッヒャー変奏曲
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番 ハ長調

バッハに始まりバッハで終わるというチェロの独奏。

まだ若いドイツの青年奏者だが、ドイツ人らしくしっかりと決まった演奏でした。

ホールの音響と立ち位置がぴったりなのか、はたまた、名器のせいか、素晴らしい迫力の音!

難技巧の曲ばかりのようだが、それを感じさせない安定したテクニックもあり、聴衆も音楽好きばかりのようで、2000円というチケット代は、マチネーコンサートとはいえ、嘘のように思えました。

主催者さん、ありがとうございました。

« 名フィル 第351回 定期演奏会 | トップページ | カルメン by ローザンヌ歌劇場 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨハネス・モーザ 無伴奏チェロリサイタル:

« 名フィル 第351回 定期演奏会 | トップページ | カルメン by ローザンヌ歌劇場 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ