« 豊田市コンサートホール・能楽堂開館10周年記念 | トップページ | 「ピアノ、今昔」 »

2008年11月 5日 (水)

ジョセフ・リン ヴァイオリン・リサイタル

ザ・コンサートホール“音楽の愉しみ”Vol.3

日時 11月5日(水)

(Vn)ジョセフ・リン 

(Pf)アレッシオ・バックス

J.S.バッハ:無伴奏パルティータ第3番ホ長調 BWV1006

イザイ:無伴奏ソナタ 第5番 ト長調 Op.27

J.S.バッハ:無伴奏パルティータ 第2番 ニ短調より「シャコンヌ」 

ベートーヴェン:ソナタ 第9番 イ長調「クロイツェル」Op.47

ピアニスト体調不良とのことで、プログラムにあったピアノ独奏は中止となり、前半はすべて無伴奏のヴァイオリン曲となった。

その、難技巧の曲をいとも軽々と演奏するのには、唖然としたが、後半のアンサンブル曲の方が、音楽の楽しみとしては格別でした。

アンコールにラフマニノフのヴォカリーズが聞けたことも、大きな収穫でした。

« 豊田市コンサートホール・能楽堂開館10周年記念 | トップページ | 「ピアノ、今昔」 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/43053393

この記事へのトラックバック一覧です: ジョセフ・リン ヴァイオリン・リサイタル:

« 豊田市コンサートホール・能楽堂開館10周年記念 | トップページ | 「ピアノ、今昔」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ