« 名古屋フィル 第352回定期演奏会 | トップページ | イアン・ボストリッジ »

2008年11月16日 (日)

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

指揮:マリス・ヤンソンス

曲目

ブラームス/交響曲第3番、

ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」

アンコール

ブラームス/ハンガリー舞曲 第5番

ヤンソンスの気の入った指揮で、名門オーケストラの演奏とあって、とっても充実したサウンドに会場が包まれました。

金管の厚い響き、弦楽器の柔らかいが豊麗な響きと、渾身の指揮とあって、あっという間に時間が過ぎました。

大満足!

     展覧会の絵 冒頭プロムナードのトランペットが、大きく音をはずしたのには、ビックリ。

     そして、なんとも気落ちした表情の奏者には、思わず次は ガンバッテ という応援の気持ちになりましたが、勿論その後は完璧な演奏。

     終了後に各ソロを立たせた時には、そのトランペット奏者に、一段と大きな拍手が起きました。

« 名古屋フィル 第352回定期演奏会 | トップページ | イアン・ボストリッジ »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団:

« 名古屋フィル 第352回定期演奏会 | トップページ | イアン・ボストリッジ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ