« ロンドン交響楽団 | トップページ | オークション »

2008年12月19日 (金)

名古屋フィルハーモニー第353回定期演奏会

ツァラトゥストラ8-夜のさすらい人の歌 12月19日(金)6:45pm 愛知県芸術劇場コンサートホール

アダムズ:ショート・ライド・イン・ア・ファスト・マシーン
フォーレ:ピアノと管弦楽のためのバラード嬰ヘ長調 作品19*
シューベルト[リスト編 S.366]:幻想曲ハ長調 D.760, 作品15『さすらい人』*
ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』作品84 全曲**

下野竜也(指揮)
フィンギン・コリンズ(ピアノ)*
星川美保子(ソプラノ)**
松本宰二(語り)*

今回も凝りに凝ったプログラムである。

下野の指揮は予想通りすばらしいものだったが、星川の素直な歌唱と、圧倒的存在感の松本の語りが、「エグモント」を格調高い大きな芸術として、私の心をぐさりとえぐったのである。

今年最後を飾るにふさわしいコンサートであった。

« ロンドン交響楽団 | トップページ | オークション »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋フィルハーモニー第353回定期演奏会:

« ロンドン交響楽団 | トップページ | オークション »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ