« 弦楽四重奏→ピアノ四重奏? | トップページ | ゼルキンのベートーヴェン »

2009年1月18日 (日)

コルンゴルト

コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲をはじめて聴きました。

CDですが、ザルツブルグ音楽祭の実況録音のようで、再生装置も素晴らしかったので、一層印象深かったのかもしれませんが、これから、ヴァイオリン協奏曲のレパートリーとしてさまざまな演奏会で取り上げられるのではないかと思うほど、印象的でした。

これは、又聴きたいと、これから、HMVで探して、注文しようと思います。

演奏は、小澤征爾指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団 ベンヤミン・シュミット のヴァイオリンでした。

« 弦楽四重奏→ピアノ四重奏? | トップページ | ゼルキンのベートーヴェン »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コルンゴルト:

« 弦楽四重奏→ピアノ四重奏? | トップページ | ゼルキンのベートーヴェン »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ