« 再び「悲愴」 | トップページ | シベリウス三昧 »

2009年1月26日 (月)

読売日響名曲シリーズ 名古屋公演

(愛知県芸術劇場) 2009126() 19:00開演

会場:愛知県芸術劇場コンサートホール

指揮: 上岡 敏之

ピアノ: フランク・ブラレイ

J.シュトラウスII/喜歌劇「こうもり」序曲

◆モーツァルト/ピアノ協奏曲第23

◆ヨゼフ・シュトラウス/ワルツ「隠された引力(デュナミーデン)」

R.シュトラウス/歌劇「ばらの騎士」組曲

  

本日のお目当ては、指揮者の 上岡敏之 である。 

 

長くヨーロッパの地方歌劇場でコレペティトールからたたき上げてきた実力派の指揮者ということだけは知っていたが、演奏を聞くのは はじめてである。

 

成程、プログラムも最初と最後はオペラがらみの曲である。

 

最初の指揮振りから、あの幻となったカルロス・クライバーを思い起こさせる(一度だけカルロスの演奏会に行ったことがあります)華麗な指揮ぶり。

曲を自分のものにしているからこその指揮と確信。

 

プログラム三曲目のワルツがはじめての曲。何で、こんなところにと思ったのですが、聴いてびっくり、薔薇の騎士一番有名なワルツの旋律が、このワルツのパクリだったんですね。だから、「ばらの騎士」組曲の前に、このワルツをもってきたのでした。 

 

前半の、有名なモーツァルトの23番のピアノ協奏曲のソリストである、これまた始めてのフランク・ブラレイ。

いかめしい写真とは裏腹な、繊細な一音一音を丁寧に弾く、感性豊かなピアニストとでありました。 

 

最後にアンコールで「雷鳴と電光」!

スカッとさわやかに会場を後にしました。

« 再び「悲愴」 | トップページ | シベリウス三昧 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/43882028

この記事へのトラックバック一覧です: 読売日響名曲シリーズ 名古屋公演:

« 再び「悲愴」 | トップページ | シベリウス三昧 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ