« ゼルキンのベートーヴェン | トップページ | 私にとっての新年がやっと来た »

2009年1月24日 (土)

コルンゴルトー2

昨晩、HMVから注文したコルンゴルトの2004ザルツブルグ音楽祭の実況録音CDが到着。

早速我が書斎のPCでヴァイオリン協奏曲を聞きましたが、前回の印象そのままの感動的な演奏でした。

そして、先ほどまで、長久手別宅に来て、おなじCDを我がメイン装置で、心おきない大音量で再生し、心は2004年のザルツブルグにタイムスリップ。

涙があふれてくる感動的な第一楽章に、当夜の聴衆が、第一楽章で盛大な拍手を惜しまなかったことが、むべなるかなと一人納得。

この指揮が、我が小澤征爾ということもあるかもしれません。

午後から3日連続でオーケストラを聴きにいきます。

本日は、名フィルですが、小編成でライナー・ホーネックの弾き振り、明日はNHK交響楽団、明後日は読売日本交響楽団です。

« ゼルキンのベートーヴェン | トップページ | 私にとっての新年がやっと来た »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/43838678

この記事へのトラックバック一覧です: コルンゴルトー2:

« ゼルキンのベートーヴェン | トップページ | 私にとっての新年がやっと来た »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ