« シベリウス三昧 | トップページ | 太田一也チェロリサイタル »

2009年2月 1日 (日)

フレッシュなピアノ

竹内 功 ピアノリサイタル

ザ・コンサートホール

モーツァルト:ロンド ニ長調 K.485、幻想曲 ニ短調 K.397

ベートーベン:ピアノソナタ No.23 ホ短調 「熱情」

ラフマニノフ:愛の悲しみ(クライスラー)、前奏曲 Op.23-No.4 ニ長調、No.5 ト短調

プロコフィエフ:ピアノソナタ No.7 「戦争ソナタ」

友人の紹介で(彼が3歳の時から知っているという)初めて聴きました。

まだ30歳前後の若さあふれる好青年。

モーツァルトは、まだまだのようにも思いましたが、ベートーベンからは新鮮で、最後の戦争ソナタでは、安定したリズムに乗った思い切ったピアノがとても快く響きました。

これから、更に更に成長することを期待させる演奏でした。

« シベリウス三昧 | トップページ | 太田一也チェロリサイタル »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/43926762

この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュなピアノ:

« シベリウス三昧 | トップページ | 太田一也チェロリサイタル »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ