« 躍動する4人の弦 | トップページ | 藤村実穂子(メゾソプラノ) »

2009年2月17日 (火)

ショパンby河合優子

大作曲家の影に隠れた作曲家たち

3回 ショパン VS カルクブレンナー

指揮/齊藤一郎  ピアノ/河合優子 しらかわホール

カルクブレンナー/ピアノ協奏曲第4番(日本初演) 

ショパン/ピアノ協奏曲第1番(ナショナル・エディション)

ショパン弾きとして、というかショパンに魂もささげているかのごとき河合優子さんのピアノが聴けるので、聴きに行ってきました。(帰りには、なんと四国から追っかけで来たというKさんの顔まで見ました!)

前半のカルクブレンナーは、まったくはじめて聞く作曲家である。

早速ウィキペディアで調べてみると、

 

ショパンの《ピアノ協奏曲 1番》はカルクブレンナーに献呈されている。

 

とある。だから、本日もメインであるショパンの《ピアノ協奏曲 1番》がささげられた人物の作品を紹介しょうという目論見なのである。

で、最初のオーケストラの音で、ぶったまげました。

デリカシーが感じられません。会場のしらかわホールの音響を全く考えない濁った大音量。ピアニッシモももっともっと小さな音で、このホールは十分聞こえるのです。(私の席は、1階のかなり後ろの席でした)

音楽も、ズンタッタモードです。

さすがにピアノソロの部分は、ロマンティックそのもので、ミーハーな私でもうっとりとする部分が多く楽しめましたが。

ちなみに先程紹介した、ウィキペディアでは、

作曲家としては、夥しい数の作品を残したにもかかわらず、こんにちでは、ピアニストにとって必携の機械的練習曲のような指導書によって名を遺したにすぎない。

 

という酷評でした。

後半の、ショパンはオケは相変わらずの濁った弦と音楽に乗れない管に全くバランスの悪い音量(正直やかましい)にうんざりでした。

でも、ピアノは、そのオケをものともしない素晴らしさでした。

今年、このオケの定期会員に申し込んだのですが、大丈夫だろうか?

« 躍動する4人の弦 | トップページ | 藤村実穂子(メゾソプラノ) »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/44099884

この記事へのトラックバック一覧です: ショパンby河合優子:

« 躍動する4人の弦 | トップページ | 藤村実穂子(メゾソプラノ) »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ