« 太田一也チェロリサイタル | トップページ | バレンタインデー・コンサート »

2009年2月 6日 (金)

太田一也チェロリサイタルー報告

行ってきました。

2日遅れの報告です。

前半のベートーヴェンの2曲。最近ベートーヴェンの室内楽を聞く機会が減ってきているように思うのだが、それだけに、新鮮な印象でした。2曲ともピアノのウウェイトが高いので、ピアノ伴奏的な奏者では不満となるのだが、今夜は三輪 郁がピアノとあって、躍動するピアノなので、その心配は皆無。

練習時間はそれほど取っていないのではないのであろうかと思える場面もありましたが、全体には、十分にチェロともども弾ききった様に感じました=大満足。

後半のブラームスが、私が一番お目当ての曲で、冒頭の朗々としたチェロの奏でるメロディーに、心はオーストリア避暑地(夏に行ってみたいものです)の緑と湖の世界!

最後のはじめて聞く曲は、フランスの作曲家でしょうか?プログラムに解説がなかったので?ですが、私には、フォーレをもう少し骨太にしたように聞こえました。

全体には、更に太田氏が良い楽器を手にすれば、と思いました。私にその力があれば、すぐにでも、名器をお貸しするのですが、これは、また夢の夢であります。

でも、そんな夢を見させてくれる、素敵な演奏会でした。

追加

ヴィエルヌについて調べてみました。

« 太田一也チェロリサイタル | トップページ | バレンタインデー・コンサート »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/43973524

この記事へのトラックバック一覧です: 太田一也チェロリサイタルー報告:

« 太田一也チェロリサイタル | トップページ | バレンタインデー・コンサート »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ