« ショパンby河合優子 | トップページ | 第147回日演連推薦/新人演奏会 »

2009年3月 1日 (日)

藤村実穂子(メゾソプラノ)

藤村実穂子(メゾソプラノ)
ロジャー・ヴィニョールズ(ピアノ)

ワーグナー:「女声のための5つの詩
(ヴェーゼンドンク歌曲集)」

マーラー:「リュッケルト歌曲集」  ほか

会場:しらかわホール 平成21年2月27日夜

シューベルト、ワーグナー、Rシュトラウス、マーラーの歌曲を数曲づつちりばめたリサイタル。

日本よりは、ヨーロッパのメジャーなオペラハウス(バイロイト音楽祭、ウィーン国立歌劇場、ミュンヘン国立歌劇場、ドレスデン国立歌劇場などで、活躍中(多分日本人歌手では一番ではないだろうか)の藤村実穂子であるが、残念ながら入りはいまひとつでありました。

が、一声発しただけで、その響きに魅せられました。今まで、BSなどの海外コンサートでしかお目にかかっていなかったのですが、生の声がこんなに素晴らしいとは、まさに想像を絶するものでした。

これは、聞いた人にしかわからないのですが、軽々と声が会場に飛び響くのです。

伴奏のピアニストは、プログラムに寄れば、今世界に名をとどろかしている名歌手達と共演しているだけのことはあるという素晴らしい演奏。歌い手と共に、ピアノも歌っているのです。

終演後も、その余韻に浸るべく、会場で会った友人と遅くまで飲み明かしました。(私はアルコール抜きですが)

« ショパンby河合優子 | トップページ | 第147回日演連推薦/新人演奏会 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/44215461

この記事へのトラックバック一覧です: 藤村実穂子(メゾソプラノ):

» 精話§藤村実穂子メゾソプラノ・リサイタル [ひだまりのお話]
寒い雪模様の夜、紀尾井ホールで藤村実穂子のリート・リサイタルを 聴いた。会場は満席でNHKのテレビカメラが入っていた。4月に芸 術劇場で放送される予定。 [続きを読む]

« ショパンby河合優子 | トップページ | 第147回日演連推薦/新人演奏会 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ