« 第147回日演連推薦/新人演奏会 | トップページ | セントラル愛知交響楽団 第97回定期演奏会 »

2009年3月12日 (木)

ダニエル・ハーディング指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 Op.73「皇帝」、

 交響曲 第3番 変ホ長調 Op.55「英雄」

ピアノ:若林 顕

愛知県芸術劇場コンサートホール

ピアノの若林 顕は、中堅ピアニストとして定評ある存在である。

室内楽やソロなどで聴いたこともあるので、安心して聞くことができた。

正にその通りの、ピアノを堪能。

それよりも興味の方は、欧米でもメキメキと頭角を表してきている指揮者ハーディングだ。

オケが新日本フィルということもあってだろうが、実に丁寧。

だから、出てくる音も細かいところまで丁寧に血の通ったものとなる。

最初の印象は、英雄交響曲のフィナーレまでずっと変わらなかった。

それにしても、何回聞いても、このエロイカシンフォニーは素晴らしい。私が馬鹿なせいもあり、聞くたびに新たな発見があって、飽くことがないのだ。

が、こんなに良い演奏会でも、私の聞いた3階席は、半分以上が空席だった。

先日感激した、藤村美穂子のリサイタルでも、空席が目立ったように、わが名古屋の聴衆は、確定した名声の演奏家(例えば小沢征爾)のチケットはすぐに売り切れるのだが、これからの演奏家には、まだまだ冷たいものがある。

おかげで、楽々と良い席を手に入れることができるので、この保守的な風土は、私には実にありがたいのだが、一方では、興行元がますます冒険をしなくなるのではないかと、心配でもある。

« 第147回日演連推薦/新人演奏会 | トップページ | セントラル愛知交響楽団 第97回定期演奏会 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/44358633

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・ハーディング指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会:

« 第147回日演連推薦/新人演奏会 | トップページ | セントラル愛知交響楽団 第97回定期演奏会 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ