« ヴェッセリーナ・カサロヴァ オペラアリアの夕べ | トップページ | 名古屋フィルハーモニー第356回定期演奏会 »

2009年3月27日 (金)

小林五月 ピアノリサイタル

名古屋モーツァルト協会 第88回コンサート

会場 電気文化会館 ザ・コンサートホール

シューマン:スケルツォ、ジーグ、ロマンツァとフゲッタ Op.32

夜想曲集 Op.23、 交響的練習曲(遺作つき) Op.13

シューマンのピアノ曲全曲レコーディングをつづけている、小林五月。 名古屋モーツァルト協会にとっては、2回目のコンサート。

前回は、ピアノがY社だったせいか、彼女にとっては満足のいく音が出せなかったようで、今回は、彼女のたっての希望で、S社のピアノの使えるホールでの演奏会となった。

実際に、それだけのことはあって、素晴らしいふくらみと艶のあるピアノの音が、悠久の河の流れのようで、堂々として落ち着いた弾きっぷりが、聴く者の心を、たっぷりとシューマンのロマンチックな世界に引き込んでくれました。

特に、最後の交響的練習曲は、圧巻!でした。

« ヴェッセリーナ・カサロヴァ オペラアリアの夕べ | トップページ | 名古屋フィルハーモニー第356回定期演奏会 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/44505024

この記事へのトラックバック一覧です: 小林五月 ピアノリサイタル:

« ヴェッセリーナ・カサロヴァ オペラアリアの夕べ | トップページ | 名古屋フィルハーモニー第356回定期演奏会 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ