« カルメン のつぼ | トップページ | 鈴木秀美と仲間たち Quintet 珠玉の五重奏 »

2009年4月11日 (土)

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

昨晩聴いて来ました。

~ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フィルのメンバーとその仲間たち~ 

会場  愛知県芸術劇場 コンサートホール 

演奏:トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

オーボエ:クレメンス・ホラーク

ファゴット:シュテバン・トゥルノフスキー

ヴァイオリン:フォルクハルト・シュトイデ

チェロ:フリードリッヒ・ドレシャル

トランペット:ハンス・ペーター・シュー

ピアノ:児玉  

演目・曲目

ハイドン作曲:協奏交響曲 変ロ長調hob-105

ハイドン作曲:トランペット協奏曲 変ホ長調Hob.e-1

ベートーヴェン作曲:ピアノ協奏曲 1 ハ長調op.15

ベートーヴェン作曲:交響曲 1 ハ長調op.21 

冒頭に恒例の挨拶曲が入ってから、協奏交響曲(はじめて聴く曲)が始まったが、もう最初の曲から、柔らかな音色のオケ・ソロに魅せられました。

なんで、こんなにも美しい響きが奏でられるのか、と思うほどである。

名古屋でのウィーンフィルの演奏(ここ数年実現していていない)は、いつも大きくて無味乾燥した音の市民会館なので、名古屋では本当のウィーンフィルの素晴らしい音楽は聴くことができないが、その代わりに、この小編成の臨時編成のオーケストラで、毎年楽しませていただける。(しかも、スポンサーのおかげで、格安のチケット料金)

日頃は、退屈と思っていたハイドンの音楽が、これほど魅力的であるなんて。

この1曲だけでも、今夜来た甲斐があったというものである。

2曲目は、有名な曲だったので、固めのトランペットの音も。名手にあっては、やわらかく聞こえてくるから不思議である。

後半の、ピアノ協奏曲第1番は、大好きな曲だが、生で聴くのははじめてか?

カデンツァが、私の記憶よりも長かったように思えたが、どうだったんだろう?

児玉 桃 のピアノも、この豪華バックに臆することの無い堂々たるもので、(といって、繊細なところは、とても丁寧で味わい深かった)オケともども、素晴らしかった。

最後の交響曲も、指揮者なしで、ここまでやるかと思えるほどの、快演だった。

アンコールの早いポルカに至っては、正に彼らの独壇場!全身で音楽を演奏する喜びをあらわしてくれ、こちらの心まで温かく幸せな心地となtりました。

« カルメン のつぼ | トップページ | 鈴木秀美と仲間たち Quintet 珠玉の五重奏 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/44656862

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン:

« カルメン のつぼ | トップページ | 鈴木秀美と仲間たち Quintet 珠玉の五重奏 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ