« トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン | トップページ | 名フィル 第357回定期演奏会 四季 »

2009年4月17日 (金)

鈴木秀美と仲間たち Quintet 珠玉の五重奏

会場:宗次ホール

曲目:モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調K.581
ウェーバー:クラリネット五重奏曲 変ロ長調Op.34

演奏:ロレンツォ・コッポラ(ヒストリカル・クラリネット)
若松夏美(ヴァイオリン)、グーヤ・マルティーニ(ヴァイオリン)
成田寛(ヴィオラ)、鈴木秀美(チェロ)

モーツァルトでは、とてもやわらかい響きのクラリネット、ウェーバーでは、より近代に近いクラリネットを弾き分けてくれたので、その音色の違いまで楽しむことができました。

弦楽四重奏部分は、BCJのメンバーなので、こちらもノンヴィブラート奏法という、ヒストリカルな演奏スタイル。

かつては、こういう演奏は違和感を覚えたものだが、慣れというのはすごいもので、ごく自然に音楽自身を聞くことができました。

なんというか、日ごろの殺伐とした世界から、全く異次元に飛び込んだような、夢見心地となりました。

« トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン | トップページ | 名フィル 第357回定期演奏会 四季 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木秀美と仲間たち Quintet 珠玉の五重奏:

« トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン | トップページ | 名フィル 第357回定期演奏会 四季 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ