« ファビオ・ルイジ指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 | トップページ | セントラル愛知交響楽団 第98回定期演奏会 »

2009年5月 6日 (水)

マリア・ジョアン・ピリス「ショパン・エクスタシー」

マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)
パヴェル・ゴムツィアコフ(チェロ)

●ショパン(グラズノフ編曲):
  練習曲 嬰ハ短調 op.25-7 (チェロ&ピアノ)
●ショパン:ピアノソナタ 第3番 ロ短調 op.58
●リスト:悲しみのゴンドラ S134(チェロ&ピアノ)
●ショパン:マズルカより
●ショパン:チェロ・ソナタ ト短調op.65(チェロ&ピアノ)

会場入り口の掲示にまず驚いた。

演奏終了後の拍手はしないで、前半と後半の終わりのみにしてくれ

という、私には全く初めての経験である。

しかも、会場の非常灯も演奏中は消してのコンサート。

それだけ、演奏に集中するから、聴く方も覚悟しろといわれているようだ。

最晩年のリヒテルのコンサート(私はチケットを購入していたが、当夜仕事が入って、泣く泣くキャンセルした=後に演奏評でその異常な雰囲気を知ったのだが)を思い出したのだが、今夜は会場にいるのだからしっかりと聴いて帰ることができるだけありがたいと思ったりした。

で、肝心の演奏は、すごい集中力で、はっきりいって、聴き終わったときには、すっかり疲れてしまった。

でも、そのピアノの音色は、とても気持ちよいもので、特に大好きなソナタ第3番は、こちらも集中して聞き惚れました。

チェロの音色も気持ち良く、稀にみる貴重なコンサートとなりました。

« ファビオ・ルイジ指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 | トップページ | セントラル愛知交響楽団 第98回定期演奏会 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/45028263

この記事へのトラックバック一覧です: マリア・ジョアン・ピリス「ショパン・エクスタシー」:

« ファビオ・ルイジ指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 | トップページ | セントラル愛知交響楽団 第98回定期演奏会 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ