« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の記事

2009年8月24日 (月)

木曾音楽祭 第35回

恒例の夏のイベント 木曾音楽祭に本年も行ってきました。

その内で、二日目と最終日(三日目)と聴いてまいりました

2日目プログラム:フェスティヴァルコンサートI

I

2009822日(土)1700~ 木曽文化公園文化ホール

1.モーツァルト:管楽六重奏曲 変ホ長調

クラリネット 山本正治、磯部周平  、ファゴット  吉田 将、岡本正之  、ホルン 松崎 裕、山本 眞

 

2.グラズノフ:弦楽五重奏曲 イ長調 op.39

ヴァイオリン 加藤知子、長原幸太  、ヴィオラ 鈴木康浩  、チェロ 山崎伸子、辻本 玲 

3.ブラームス:ピアノ五重奏曲 ヘ短調 op.34

ピアノ  野島 稔  、ヴァイオリン 久保陽子、長原幸太  、ヴィオラ 菅沼準二  、チェロ 山崎伸子

1曲目から、余韻の漂う名演である。奏者の顔ぶれを見れば、さもありなん である。

次のグラズノフは、初めての曲だが、ロシアのというよりは、ヨーロッパの優雅さを伝えるような耳に心地よい聴きやすい曲でした。

最後の、ブラームスは、聴き応え満点の室内楽の名曲中の名曲のひとつ。

しかし第一楽章後半で、ヴィオラが狂うというハプニング。しかもすぐには直らず、いったん全奏者が引っ込んで、再度はじめから弾きなおすという結果。時間のある我々には、第一楽章が二回も聴けるという、うれしい誤算となりました。

お年を召したとはいえないような、久保さんのヴァイオリンが印象的でした。

3日目プログラム フェスティヴァルコンサートIII

2009823日(日)1500

 木曽文化公園文化ホール

1.ビゼー=山本眞編曲:カルメン~管楽九重奏版による~

フルート  佐久間由美子オーボエ 古部賢一、多田敦美  、クラリネット  山本正治、磯部周平  、ファゴット  吉田 将、岡本正之  、ホルン  松崎 裕、山本 眞  、コントラバス  星 秀樹 

聞きなれた名旋律のオンパレード。欲を言えば、一曲ごとに休むのではなく、全曲続けて演奏してほしかった。

2.レスピーギ:夕暮れ~メゾ・ソプラノと弦楽四重奏のための抒情詩~

メゾ ソプラノ  白井光子ヴァイオリン  久保陽子、漆原啓子  、ヴィオラ  市坪俊彦  、チェロ  山崎伸子

かなり高尚な曲である。それを余裕で歌い、サポートする弦楽器群。非常に美しい極だったが、いかんせん後半は睡魔に襲われ記憶にない。ああー、もったいない!

3.プーランク:ピアノと管楽器のための六重奏曲

ピアノ  寺嶋陸也  、フルート 佐久間由美子  、オーボエ  古部賢一  、クラリネット  磯部周平  、ファゴット  吉田 将  、ホルン  松崎 裕 

フランスの作曲家の管楽の曲は、いつもながら上品で抜けが良い。六人組の中で、一番聞きやすい(私には)プーランクだけに、期待以上に楽しめました。

4.メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 変ホ長調 op.20

ヴァイオリン  久保陽子、加藤知子、漆原啓子、長原幸太  、ヴィオラ 菅沼準二、市坪俊彦   、チェロ  花崎 薫、辻本 玲 

今年の最後は、35周年ということもあってか、弦楽合奏の名曲である。しかも、ほとんどソリスト、コンマス、主席級の奏者によるアンサンブルは、トップの加藤知子のすごいリーダーシップのおかげか、推進力と集中力に満ちた、聞き手までを熱くさせる、まさに一期一会の名演でした。

いやー、素晴らしかった。奏者の皆様、そして音楽祭を支えてくださっている関係者の皆様に、心より感謝いたします。

2009年8月19日 (水)

ルツェルン音楽祭

アバド指揮 ルツェルン祝祭管弦楽団 2009/8/15

プロコフィエフ:PfCon No.3 (ピアノ:ユジャ・ワン)

マーラー:Sym.No.1

ARTE LIVE WEB での実況録画です。

最初のユジャ・ワン(今夏はヨーロッパで引っ張りだこのようです)のピアノの速さに画面がついていけません。特にアンコールの二曲目は、すさまじいまでの速さでした。正に、唖然!

お目当ては、後半のマーラー。このオケは、アバドが呼んできた世界各地の腕達者な奏者集めてできているので、技術的なことは、全く心配なく、むしろアバドとの親密感が画面の奏者からひしひしと感じられます。これこそ映像付での音楽体験の極致といえましょう。

演奏終了後のカーテンコールの映像もかなり続いておりましたが、ここでの各奏者とアバドとのコミュニケーションが、とても暖かく感じられ、見ている私もし温かい心で包まれました。

2009年8月 5日 (水)

ヴェルビエ音楽祭

前回書いたのと同じウェブARTE LIVE WEBで、いくつかのヴェルビエ音楽祭、それも先月のライブが、見られます。

私のお気に入りのピアニスト ネルソン・ゲルナー のソロリサイタルの模様も見ました!

シューベルトやベートーベンのソナタなどを聴き(見)ましたが、本当に柔らかでかみ締めるようなピアノが、私は大好きです。

キーシンのリサイタルや、室内楽も盛りだくさん。アルゲリッチのピアノなどによるシューマンのピアノ五重奏など、まだまだ、聴き足りませんが、今月は、下旬の木曾音楽祭までは、コンサートがありませんので、ネットを通して、ヨーロッパの音楽祭を楽しませてもらいます。

先程は,ドダメル指揮、フランスラジオ放送管弦楽団?、ヴァイオリン ルノー・カプソン で、コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲(この第1楽章は、たまりませんな) (これはヴェルビエ音楽祭ではありません)、その後で、マーラーの交響曲第1番 の前半を聞きましたが、大いに楽しみました。

おかげで、今週は夜更かし気味です。

2009年8月 3日 (月)

ザルツブルグ音楽祭

もう見られなくなったようだが、土曜日(8/1)深夜に、インターネットで数日前のウィーンフィル(アーノンクール指揮)のライブが見ることができました。

プログラムは、前半がシューベルトやシュトラウスなどのウィーンもの、後半はシューベルトの交響曲第8番ハ長調。

音も画面もハイレベルで、我がPC始まって以来の大音量(といってもかわいいものです)で、あのウィーンフィルサウンドを1時間ほど楽しみました。今回はコンマスはホーネックで、その隣が女性!でした。ザイフェルト兄弟は、二列目、三列目に陣取って、個性あふれるアーノンクールの音楽を奏でておりました。

もう一度見ようとしても、今となっては見られないのが残念でしたが、家人に止められるまでの1時間ちょっと(三楽章の途中まで、途中の対談は飛ばしました)至福のときを過ごしました。

サイトは ARTE LIVE WEB 今は、ベルヴィエ音楽祭などが、見られるようです。

ここでも、チャールズ・スペンサー や ネルソン・ゲルナー のピアノ(独奏ではありませんが)もカット無しで見られ、もうたまりません。

この夏の時間があるときは、これで決定!

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ