« Dina Yoffe(ピアノ) Class CONCERT | トップページ | 第10回 名古屋演奏家育成塾ガラコンサート »

2009年9月 4日 (金)

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第361回定期演奏会  夏風の中で

ティエリー・フィッシャー (cond)/オーギュスタン・デュメイ (vn)
ウェーベルン:牧歌『夏風の中で』/ベルク:ヴァイオリン協奏曲『ある天使の想い出に』/ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』全曲
第1曲の冒頭から、気合をこめて聴くことができた。それほど演奏が集中していたのだ。
作曲家の名前に、及び腰になったのだが、聴いてみると、曲名のとおり、さわやかな緑が目に浮かぶような聴きやすい曲でした。
2曲目のベルクは、ヴァイオリン協奏曲というよりは、レクィエムのような暗いイメージを抱いていたが、本日の演奏は、暖かいイメージが印象に残る名演。
しかも、アンコールが、オケの伴奏付!
素晴らしく美しい弱音で始まったのは、なんとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の第2楽章(第3番)。その恐ろしいまでにゆったりとしたテンポで、聴き手を惹きつけました。協奏曲の第2楽章として流れの中で聴くのとは違って、強烈に心に染み入りました。
火の鳥 全曲版。 まず、ホルンが素晴らしい独奏!
それが象徴するような、こちらも引き締まった名演でした。
かつて、この 火の鳥 組曲 を創立間もない頃の名フィルで聞き、余りのひどさに、聴いていて恥ずかしくさえなった思い出が、吹っ飛びました。
まるで、別のオーケストラです。
 
これからも、我が名フィルがますます発展することを期待した 一夜 となりました。

« Dina Yoffe(ピアノ) Class CONCERT | トップページ | 第10回 名古屋演奏家育成塾ガラコンサート »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/46219168

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋フィルハーモニー交響楽団 第361回定期演奏会  夏風の中で:

« Dina Yoffe(ピアノ) Class CONCERT | トップページ | 第10回 名古屋演奏家育成塾ガラコンサート »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ