« ギターとポジティフ・オルガンの調べ | トップページ | クレマン・ジャヌカン・アンサンブル »

2009年9月27日 (日)

ドン・ジョヴァンニ ウィーンの森 バーデン劇場日本公演

ウィーンの森 バーデン劇場 日本オーストリア修好140年記念

クリスティアン・ポォラック (cond)/モーツアルティアーデ管弦楽団/セバスティアン・ホロツェック、ゲェオルック・レェナエル、エステファニア・ペルドォモ、ヴェロニカ・グロイス、リタァ・シュナイダー、ヴェロニカ・ファルカァス ほか (vo)/バーデン劇場合唱団

総編成25名程度の(弦は4,3,2,2,1)の小編成管弦楽団による、田舎のオペラ公演。

でも、これが十分楽しめるのだ。

演技は達者で、歌もそこそこ、オーケストラは一流とはとてもいえないが、でも、楽しめたのだ。

本場の底の広さを感じる公演といえよう。

しかも、チケット代がS席で1万円(私はA席で8000円)なのだから、たまらない。

« ギターとポジティフ・オルガンの調べ | トップページ | クレマン・ジャヌカン・アンサンブル »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドン・ジョヴァンニ ウィーンの森 バーデン劇場日本公演:

« ギターとポジティフ・オルガンの調べ | トップページ | クレマン・ジャヌカン・アンサンブル »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ