« クレマン・ジャヌカン・アンサンブル | トップページ | 111周年記念! »

2009年10月 4日 (日)

オーボエ&ハープ デュオリサイタル

[出演]

ハンスイェルク・シェレンベルガー (オーボエ)

マルギット=アナ・シュース (ハープ)

[プログラム]

J.S.バッハ:ソナタ ト短調 BWV1020

J.S.バッハ:パルティータ ト短調 BWV1013

●マレ:スペインのフォリアによる変奏曲

●パスクッリ:ベッリーニへのオマージュ

●フォーレ:即興曲 op.86

●ハメル:3つの小品

●サン=サーンス:オーボエ・ソナタ ニ長調op.166

シェレンベルガーのオーボエが目当てで聴きに行ったのに、一番うれしかったのは、唯一のハープソロだった フォーレ:即興曲 op.86 。

響きの良い しらかわホール のおかげで、この名曲?を、体中で聴きました。特に、低音の響きは、とても気持ちよく拡がって聞こえ、筆舌に尽くしがたい優雅の極地を体験できました。

もちろん、予想通りの素晴らしいオーボエの演奏だったことは、いうまでもありません。

« クレマン・ジャヌカン・アンサンブル | トップページ | 111周年記念! »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/46438318

この記事へのトラックバック一覧です: オーボエ&ハープ デュオリサイタル:

« クレマン・ジャヌカン・アンサンブル | トップページ | 111周年記念! »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ