« 音楽の秋 | トップページ | 本場のメンデルスゾーン »

2009年10月28日 (水)

音楽の秋-2

10/17 名古屋フィル 定期 エルガーの悠々たる流れは、生でこそその真髄が味わえますね。また、若い頃は、全く受け付けなかった武満徹の作品が、今や気持ちよく受け入れられるようになりました。

10/20 佐野茂宏(Tr)リサイタル しらかわホールという音響のよい会場ということもあって、アンコールのイタリア民謡まで、しり上がりにその美声を堪能した。ただ、ピアノ伴奏が少し音量過大に思えたが、私の席の関係だったのか?

10/24 碧南エメラルドホール 徳永二男ヴァイオリンリサイタル 少し固めの演奏に対して、曲ごとに表情も変化する柔軟な児玉桃のピアノ伴奏が素晴らしかった。会場も雰囲気が良かった。

10/26 中沖玲子ピアノリサイタル(電気文化会館) 全体に少し重たい印象であった。

10/27 三輪 郁ピアノリサイタル(宗次ホール) 昨日に続いて、シューベルトのピアノソナタ(曲は違います)を聴くことができた。こちらの方が、音楽に軽実があって、流れも自然で、素直にシューベルトの世界に浸れました。

« 音楽の秋 | トップページ | 本場のメンデルスゾーン »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/46604413

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の秋-2:

« 音楽の秋 | トップページ | 本場のメンデルスゾーン »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ