« プラハ国立歌劇場オペラ/「アイーダ」 | トップページ | しみじみとした一週間 »

2009年11月12日 (木)

怒涛の一週間

11月3日の「アイーダ」を皮切りに、

4日 ザイフェルト弦楽四重奏団

5日 荘村清志  鈴木大介 ギター・デュオ <バロックから現代まで>

6日 セントラル愛知交響楽団定期 指揮 松尾葉子

7日 リヨン歌劇場管弦楽団 指揮 大野和士

8日 フランスオペラガラ リヨン歌劇場管弦楽団 指揮 大野和士

9日 マリオ・ブルネロ チェロリサイタル

特に、ザイフェルトSQのハイドン「騎士」、ベートーヴェンNo.15、7,8日のリヨンのオケと大野の素晴らしいマッチングによる極上の音楽、ブルネロの深々としたチェロの響き いずれも言葉には言い表すことのできない程の感動・感激・感涙。今は、虚脱感で一杯だ。

« プラハ国立歌劇場オペラ/「アイーダ」 | トップページ | しみじみとした一週間 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/46742605

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の一週間:

« プラハ国立歌劇場オペラ/「アイーダ」 | トップページ | しみじみとした一週間 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ