« 石橋直子ヴィオラリサイタル | トップページ | 名フィル 第366回定期演奏会 早春 »

2010年2月22日 (月)

NHK交響楽団定期演奏会(愛知県芸術劇場シリーズ)

2010/02/20(土) 15:00  愛知県芸術劇場 コンサートホール

指揮:セミョーン・ビシュコフ  ピアノ:アレクセイ・ヴォロディン

ラフマニノフ作曲:ピアノ協奏曲 第2番ハ短調op.18、

チャイコフスキー作曲:交響曲第4番ヘ短調 Op..36 

前半のラフマニノフは、ヴォロディンのふくよかなボリュームの有る音色に魅了された上、バックのオーケストラも日ごろ聴くN響の繊細さよりは、分厚さのある響き(管、弦ともに)で、聴者の心を踊らせてくれました。特に、金管が奏でる部分では、溜めをつけた音の出し方に、指揮者の気合を感じました。お家の大音量にもかかわらず、ピアノの音が柔らかくも埋もれることなく聞こえてきて、感心するばかりでした。

当然、後半のチャイコフスキーは、音の饗宴そのもので、いい意味での聞き疲れするほど、こちらも聴くことに入れ込まれました。さすが、天下のN響!

« 石橋直子ヴィオラリサイタル | トップページ | 名フィル 第366回定期演奏会 早春 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/47633995

この記事へのトラックバック一覧です: NHK交響楽団定期演奏会(愛知県芸術劇場シリーズ):

« 石橋直子ヴィオラリサイタル | トップページ | 名フィル 第366回定期演奏会 早春 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ