« 名フィル 第367回定期演奏会 春初めてのカッコウを聞いて | トップページ | 田村響 ピアノリサイタル »

2010年3月14日 (日)

歌劇『ラ・ボエーム』 びわ湖ホールプロデュースオペラ

3月14日(日) 午後2時

沼尻 竜典 指揮
アンドレアス・ホモキ 演出
合唱       びわ湖ホール声楽アンサンブル、二期会合唱団
児童合唱    大津児童合唱団
管弦楽      京都市交響楽団
浜田 理恵 ミミ、中嶋 彰子 ムゼッタ ほか

久しぶりに、お気に入りのびわ湖ホールへ行って来ました。

お目当ては、ミミの浜田理恵でしたが、存在感はムゼッタの中嶋 彰子の方がありました。

音楽は、あのプッチーニ様ですので、オケも心置きなく歌いまくり、音響も名古屋の愛知県芸術劇場大ホールより各段に良いので、心底楽しんできました。

装置はベルリン・コミッショッパーは借り物(演出も)なのですが、私好みではなく、そのおかげか、音楽に集中できたので、返って良かったのかもしれません。

総じて、男性陣(特にロドルフォ)は弱かったように思いまし田が、これが唯一の弱点といえましょうか。

« 名フィル 第367回定期演奏会 春初めてのカッコウを聞いて | トップページ | 田村響 ピアノリサイタル »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌劇『ラ・ボエーム』 びわ湖ホールプロデュースオペラ:

« 名フィル 第367回定期演奏会 春初めてのカッコウを聞いて | トップページ | 田村響 ピアノリサイタル »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ