« ご無沙汰です。 | トップページ | 名古屋フィルハーモニー交響楽団 第370回定期演奏会 マドリード »

2010年6月12日 (土)

スウェーデン放送合唱団

モーツァルト & フォーレ:レクィエム

管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

指揮:ペーター・ダイクストラ

リサ・ミルセSp、クララ・ムーリツA、jpシュア・エリコットTr,ジョナサン・レマルBr

プロ合唱団の頂点を極めると言われるこの合唱団の演奏で、2つの名宗教曲を聴くと言う、今年前半の一番期待のコンサートだったが、私にとっては、期待以上の感動的な体験となった。

オケを務める名フィルも素晴らしい演奏(これは渾身の指揮をしたダイクストラの功績も大きいと思う)で答えてくれた。

たまたま、前半(モーツァルト)終了後に、後半降り番のViのTさんと出くわしたが、練習と本番では、合唱団の気合が全く違い、演奏していて鳥肌が立つほど感動したと言うのだから、私の感想も決してオーバーではないのだ。

後半のフォーレでも、その感動は持続した。

私の心は、涙であふれかえった。久しぶりのコンサートは一睡もせず、ただただ聞き惚れたのだった。

« ご無沙汰です。 | トップページ | 名古屋フィルハーモニー交響楽団 第370回定期演奏会 マドリード »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/48615120

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン放送合唱団:

« ご無沙汰です。 | トップページ | 名古屋フィルハーモニー交響楽団 第370回定期演奏会 マドリード »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ