« ウィーン音楽の夕べ | トップページ | 名フィル 第371回定期演奏会「パリ」 »

2010年7月 1日 (木)

アンドレア・パドヴァ ピアノリサイタル

電気文化会館 ザ・コンサートホール  19:00

J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 
シューマン:6つの間奏曲
ショパン:舟歌、スケルツォ 第4番 ホ長調

前半のゴルトベルク変奏曲(ゴールドベルグ変奏曲)に尽きる。

繰り返しをカットしての演奏だが、本人の希望ではなく、主催者が、生誕200年のシューマン、ショパンの曲もリクエストしたことで、カットとなったということだった。

なかなか生では聴けない、このバッハの名作。正に名作の名演!言う事無しでした。

後半のシューマンは、初めて生で聞きましたが、そこかしこにシューマンらしい響きが聞き取れたものの、私には少々退屈でもありました。もっと聴きやすい曲を弾いてほしかったな。

大好きな舟歌は、豊かな響きでしたが、私にはもっともっと繊細に弾いてほしかった。私の持つ心に迫ってくるショパンのイメージではありませんでした。もちろん、つまらない演奏というのではなく、あくまでも私の好みというレベルで。

« ウィーン音楽の夕べ | トップページ | 名フィル 第371回定期演奏会「パリ」 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/48766083

この記事へのトラックバック一覧です: アンドレア・パドヴァ ピアノリサイタル:

« ウィーン音楽の夕べ | トップページ | 名フィル 第371回定期演奏会「パリ」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ