« 秋山和慶アーティスティック・ディレクター&プリシパル・コンダクター就任記念コンサート | トップページ | Living Stereo »

2010年7月19日 (月)

読売日響名曲シリーズ 名古屋公演

シルヴァン・カンブルラン第9代常任指揮者就任披露演奏会
読売新聞中部発刊35周年記念  

愛知県芸術劇場コンサートホール 14時開演

ヴァイオリン:前橋汀子,    指揮:シルヴァン・カンブルラン

ベルリオーズ作曲:序曲「ローマの謝肉祭」op.9、

メンデルスゾーン作曲:ヴァイオリン協奏曲ホ短調op.64、

ベルリオーズ作曲:幻想交響曲op.14

昨日に続いて就任披露のコンサート

そのためか、最初の曲から、オケパワー全開!圧倒的ヴォリュームのオーケストラサウンドだ。厚みのある弦楽器群と安心して聴ける管楽器。もう言うこと無しである。

次の有名なメンコンは、前橋汀子の入りがよくなかった。これで、印象はがっくり。期待していただけに、残念この上ない。やはり同世代の名手も最近の中堅・若手と比べると、音楽のつくりでは一日の長があっても、音そのものの安定度が落ちてしまう、だから聞いていてつらくなるのだ。 そのこともあって、目を瞑って聞くことにしたものだから、2楽章3楽章は夢の中。

後半の(メインの)幻想交響曲は、オケパワー全開、メンバーの表情も音楽(指揮者)にくらいつくようで、とても聞いていて気持ち良い充実感で一杯になった。まさに、音の饗宴

おまけに、アンコールで「カルメン」序曲で、その興奮を更に高めてくれたので、会場全体が大喝采!

« 秋山和慶アーティスティック・ディレクター&プリシパル・コンダクター就任記念コンサート | トップページ | Living Stereo »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/48914230

この記事へのトラックバック一覧です: 読売日響名曲シリーズ 名古屋公演:

« 秋山和慶アーティスティック・ディレクター&プリシパル・コンダクター就任記念コンサート | トップページ | Living Stereo »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ