« 読売日響名曲シリーズ 名古屋公演 | トップページ | ご無沙汰 »

2010年8月11日 (水)

Living Stereo

夏は、コンサートが少ない(というか行きたいコンサートがほとんど無い)。

そんな季節に、購入した、アメリカRCA(日本ではビクター)ステレオ初期の名盤LivinngStereoシリーズがまとめてCDボックス(60枚)。正規輸入盤で、格安で販売されているので、団塊の世代以上の方々にはお勧めです。

その頃(1950年代後半から1960年代前半)は、LP1枚2000円以上で、学生の身には、高額でなかなか買えなった。学卒初任給が、一万円前後の時代です。

ミュンシュ/ボストン響や、ライナー/シカゴ響、ピアノのクライバーン、ルービンシュタイン、ヴァイオリンのハイフェッツ などなどの演奏が、気軽に聞くことができるようになったのである。

先月入荷したそのCDを少しづつ聴いているが、いや、実にすばらしい演奏、意外な演奏、に毎日心を躍らせております。

オーバーに言えば、生きていてよかった!

« 読売日響名曲シリーズ 名古屋公演 | トップページ | ご無沙汰 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Living Stereo:

« 読売日響名曲シリーズ 名古屋公演 | トップページ | ご無沙汰 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ