« 郁の会 | トップページ | プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 »

2010年10月 7日 (木)

上岡敏之 指揮 ヴッパータール交響楽団

会場 愛知県芸術劇場 コンサートホール

曲目:ワーグナー/ワルキューレの騎行
 ジークフリート牧歌

ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」

カルロス・クライバーを彷彿させるような指揮ぶり(それよりもフレッシュだ)、意気込みも伝わってくる会心の英雄シンフォニーだった。

前半のワーグナーでは、オーケストラの実力が?と思わせる個所が散見されただけに、心配した3楽章のホルンも吹っ切れたように咆哮していた。

今夜の聴衆は、◎!

ジークフリート牧歌でのエンディングでは、指揮棒が下りるまでの間、素晴らし静寂 私には、この静寂は奇跡に思える程だが がかなえられたのだ。

一方で、英雄やアンコールのジュピターシンフォニーの最終楽章でのエンディングでは多数のブラーボーが聞こえてきた。

オーケストラの力というよりは、指揮者上岡敏之の 渾身の音楽を聴いた という気分だった。

 

« 郁の会 | トップページ | プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/49682378

この記事へのトラックバック一覧です: 上岡敏之 指揮 ヴッパータール交響楽団:

« 郁の会 | トップページ | プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ