« お久しぶりです | トップページ | ラン・ラン ピアノリサイタル »

2011年1月29日 (土)

アマデウス・シンフォニーⅢ

1月29日(土) 午後4時 しらかわホール

指揮、ヴァイオリン独奏:ライナー・ホーネック

演奏:名古屋フィルハーモニー交響楽団

曲目:ヴァイオリン協奏曲 第2番ニ長調 K.211、交響曲第40番ト短調 K.550、第41番ハ長調 K.551(以上モーツァルト作曲)

毎年1月恒例のウィーンフィルのコンマス ホーネックの弾き振りによるコンサート。いつもながら、弦楽器群の音が信じられないほど美しい。ひとえにホーネックの指導が良いからなのだと思う。おかげで、チケットもソウルドアウトというコンサートなのだ。

聴くほどに充実した響きの音楽は、最後の最後でビシッと決まり、最高のエンディング。アンコールの同じモーツァルトのカッサシオンK.63のアンダンテで寒い冬の夕刻も心暖かく会場を後にしたのである。

« お久しぶりです | トップページ | ラン・ラン ピアノリサイタル »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/50732184

この記事へのトラックバック一覧です: アマデウス・シンフォニーⅢ:

« お久しぶりです | トップページ | ラン・ラン ピアノリサイタル »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ