« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

2011年3月26日 (土)

The Three by One part3“チェロ、ヴィオラ、管弦楽による音楽物語”

日時  2011/03/26() 15:00 

会場  愛知県芸術劇場コンサートホール 

指揮:下野竜也

チェロ: 

ヴィオラ:清水直子

管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

 

演目・曲目  フンパーディンク作曲:劇付随音楽「青い鳥」前奏曲、

ワーグナー作曲:楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死(管弦楽版)、

R.シュトラウス作曲:交響詩「ドン・キホーテ」op.35 

主催が 財団法人 愛知県文化振興事業団 による堤剛(Vc)が主役の3回シリーズのコンサート最終回。

最初が、チェロのソロ、二回目がチェロの合奏とオペラアリア、そして今回が、チェロを主題のオーケストラコンサートである。

メインが、チェロ協奏曲ではないところが、何とも憎いプログラム編成で、オケの曲は、チェロが大活躍する名曲、そして、前菜が本邦初演?曲。これは、作曲者(ワーグナーとRシュトラウス)がらみでの選曲だそうだ。

オケはトラが一杯の大編成だが、普段のメンバーが少ないように見える。コンサートマスターも見かけない人だ。

で、肝心の演奏だが、最初の「青い鳥」前奏曲は、盛り上がらないままに終了。少し不安になったが、次のワーグナーは、素晴らしく美しかった。目くるめく官能の世界というよりは、壮大な美しさという感じがしました。

メインの「ドン・キホーテ」は、ヴィオラにベルリンフィル首席の清水直子や、コンサートマスターともども粒ぞろいのソリストによる名演なのだろうが、今一つこの曲そのものが、少々冗長に思えて、今一つ乗り切れなかった。

しかし、最後に、指揮者の心のこもったスピーチと今回の大震災の被害者への思いを「G線上のアリア」で、締めくくった時には、とても厳粛な気持ちになりました。

終了後の義捐金募金箱には、多くの方々立ち寄っていかれました。

追伸:コンサートマスターは、ゲストととして、東京フィルハーモニーのコンサートマスター 三浦 章宏氏ということでした。

2011年3月18日 (金)

大震災

被災地の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

大地震、大津波 ここまでは、人の力では何ともなりません。まさに、世は無常 と感じます。

しかし、その後の福島原発の惨状は、人災の面もいなめません。特に、対策が後手後手。これは、現在の政権の指導力のなさと、東京電力幹部の無責任さによることが大きく影響しておりましょう。

逆に、その厳しい中で、命を懸けて普及に努めて見える東京電力及び関連会社の社員の皆様、自衛隊はじめ消防庁、自治体の皆様、米軍はじめ海外からの暖かい手を差し伸べてくださる皆様に、心より感謝するばかりです。特に現場で必死の活動をしている方々には、頭が下がります。同時に、無事であ利ますよう、祈り続けます。

その中で、放射能汚染を恐れて、来日中の演奏家たちも、本国からの帰国命令で続々と帰国し、これからの来日中止の演奏家も続いております。

私も楽しみにしていた、チェコフィル演奏会(17日)、ヒラリー・ハーン演奏会(19日)が、今のところ中止になっておりますが、仕方ないことと思いますし、災禍に合わなかっただけでも良しと思うばかりです。

どうも今月は、初めからコンサートとは、ずれてしまったようで、6日(日)のびわ湖ホール「アイーダ」も、やむに已まれぬ事情でキャンセルして、友人に行ってもらいました。

今の時点では、これだけですが、これからのコンサート、いろいろありそうですね。

すべて、これからも、状況を受け入れていくだけでしょう。

今は、この惨状が早く落ち着き、復興することを祈る毎日です。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ