« The Three by One part3“チェロ、ヴィオラ、管弦楽による音楽物語” | トップページ | 第379回定期演奏会 <永遠の愛を求めて> »

2011年4月 3日 (日)

「いたみ」と「かなしみ」のトポス~モーツァルトと18世紀ヨーロッパ

名古屋モーツァルト協会の年1回の特別例会は、表題のテーマで、鷲見洋一氏(慶応大名誉教授、中部大教授)のお話を聞かせていただいた。

前半が表題に沿った内容、後半は現代の「かなしみ」「いたみ」について、最後はそれを代表するピアニスト:クララ・ハスキルとディヌ・リパッティについてのお話でありましたが、時間の立つのが惜しいほどの興味深い内容でした。

今,HMVで先生お勧めの二人の録音を探して注文したところです。

« The Three by One part3“チェロ、ヴィオラ、管弦楽による音楽物語” | トップページ | 第379回定期演奏会 <永遠の愛を求めて> »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« The Three by One part3“チェロ、ヴィオラ、管弦楽による音楽物語” | トップページ | 第379回定期演奏会 <永遠の愛を求めて> »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ