« <死者に絶えざる安息を> | トップページ | ジプシー音楽の世界 ゲザ&ザ5デヴィルズ »

2011年6月22日 (水)

バルバラ・フリットリ・ソプラノ・リサイタル

愛知県芸術劇場コンサートホール

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

指揮:ケリー=リン・ウィルソン

ビゼー:歌劇《カルメン》より“何を恐れることがありましょう”

グノー:歌劇《ファウスト》より「宝石の歌」

マスネ:歌劇《タイス》より“私を美しいと言って”

ヴェルディ:歌劇《運命の力》より“神よ平和を与えたまえ”

ヴェルディ:歌劇《アイーダ》より“おお、わが故郷”

プッチーニ:歌劇《マノン・レスコー》より“この柔らかいレースに包まれても”

プッチーニ:歌劇《蝶々夫人》より“ある晴れた日に”

6月4日のMET「ラ・ボエーム」のミミ役で、素晴らしい歌唱を聴かせてくれた、今がまさに旬といってもいい、バルバラ・フリットリのオペラアリアの夕べ。

歌の前後に、オーケストラ曲(前奏曲・序曲・間奏曲)が入るので(それも歌との関連ある曲)、一層歌唱が際立つというプログラムです。上に掲げたのは、歌の部分だけです。

最初にびっくりしたのが、指揮者の登場! 金髪のポニーテールを颯爽となびかせたスレンダーな女性指揮者だったのです。

今、主催者のHPで、調べてみると、

「ケリー=リン・ウィルソンはカナダ、ウィニペグ出身でオペラとシンフォニ-、双方に才能を発揮している女性指揮者である。最近共演した主なオーケストラはロサンゼルス・フィル、モントリオール交響楽団やヒュ-ストン交響楽団など北米のオーケストラから、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団やアーヘン交響楽団など欧州の楽団まで多彩である。又、20092010年のシーズンにブカレスト国立歌劇場の「マノン・レスコー」、ウィーン国立歌劇場の「トスカ」、パレルモ・マッシモ劇場の「リゴレット」、モントリオール・オペラの「シモン・ボッカネグラ」等のオペラを指揮している。」

とある。どうりで、今回の指揮など手慣れたものなのだろう。しかし、実際の指揮は精力的で元気いっぱい、気持ちの良いものでした。微妙なニュアンスがほしいところでの物足りなさはあったものの、期待していなかっただけに、喜びは大きかった。

特に、アンコールで歌った「トスカ・歌に生き恋に生き」は、ウィーンでこのオペラを指揮しているだけあって、オケと歌唱がぴったり合った、まさに絶唱!!!

指揮はさておき、肝心のフリットリの歌!

これは、素人がいくら語っても語ることはできないほどの出来栄え。大ホール(3000人弱)のオペラとは比較できないコンサートホール(1800人)の音響の良さもあって、しびれるほどの酔い心地。

!!!!!+

« <死者に絶えざる安息を> | トップページ | ジプシー音楽の世界 ゲザ&ザ5デヴィルズ »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルバラ・フリットリ・ソプラノ・リサイタル:

« <死者に絶えざる安息を> | トップページ | ジプシー音楽の世界 ゲザ&ザ5デヴィルズ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ