« すっかりご無沙汰でした | トップページ | 9月24日 レイフ・オヴェ・アンスネス »

2011年9月21日 (水)

シフの弾くシューベルト

先程、HMV]からアンドラーシュ・シフのシューベルトアルバム全9CDが届いた。

最初に聞いているのが、9枚目。でも、ブックレットのデータによれば、これが最初の録音という、ことになっていた。曲目は、

アレグレット ハ短調 D915、3つの小品 D946、12のドイツ舞曲 D790 最後の4曲が傑作 即興曲 D935

今やっと、即興曲の第1曲に入ったが、いつもながら心が表れる曲(演奏)だ。

同じく、データによれば全てウィーンでの録音(コンチェルトハウスのモーツァルトザールとブラームスザール ということになっているが、ブラームスザールは楽友協会にもあるが、それとは違うのだろうか?)のせいか、とてもまろやかな音である。

台風一過、正に爽やかさが戻ってきた!

« すっかりご無沙汰でした | トップページ | 9月24日 レイフ・オヴェ・アンスネス »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/52794243

この記事へのトラックバック一覧です: シフの弾くシューベルト:

« すっかりご無沙汰でした | トップページ | 9月24日 レイフ・オヴェ・アンスネス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ