« イタリア一週間(10/8-15) | トップページ | 10月21日 第384回定期演奏会 <狂気の愛> »

2011年10月23日 (日)

10月16日 ウィーンフィル&ラン・ラン

絶食中にもかかわらず、これだけはと、ウィーンの名古屋演奏会に行って来ました。(指揮は、クリストフ・エッシェンバッハ)

まずが、ランランをソリストに迎えてのリスト:ピアノ協奏曲(第1番)。2階席左側でしたので、鍵盤が見えましたが、この難局をほとんど鍵盤を見ないでいとも自然に弾いておりました。しかも、抒情的なところはそのように、たたくところは思い切った音を(それもうるさくないまろやかな音)出すという、波のピアニストでは考えられないような凄さ!(それを感じさせない表情) 指揮しているエッシェンバッハはピアニストでもあるだけに、いったいこういう時はどんな心境なのだろう、なんて考えたりもしたが)

おまけにアンコールは二曲も(リスト:コンソレーション第2番&ラ・カンパネラ)。

後半は、モーツァルトの交響曲第37番(私は苦手)とシューベルト「未完成」。アンコールは十八番の「美しき青きドナウ」。さすがに未完成は、損所そこらで聴けないような絶品!でした。

全体として、名古屋のウィーンフィルといえば、いつもは音の悪い名古屋市民会館でしたが、今回初めて愛知県芸術劇場のコンサートホールでしたので、初めて名古屋で楽友協会に近い、ウィーンフィルサウンドを聞くことができただけでも感激でした。

« イタリア一週間(10/8-15) | トップページ | 10月21日 第384回定期演奏会 <狂気の愛> »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月16日 ウィーンフィル&ラン・ラン:

« イタリア一週間(10/8-15) | トップページ | 10月21日 第384回定期演奏会 <狂気の愛> »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ