« 10月29日(土) シェイクスピアとオペラ | トップページ | 1カ月ぶりです »

2011年11月 4日 (金)

11月3日サンクト・ペテルブルグフィルハーモニー交響楽団

愛知県芸術劇場 午後2時開演

指揮:ユーリ・テミルカーノフ

曲目:チャイコフスキー:交響曲第5番、プロコフィエフ:バレエ組曲「ロメオとジュリエット」より(テミルカーノフ編)

ステージいっぱいに広がる大編成のオーケストラ。最初から、重量級交響曲のプログラム。出だしからゆったりとしたテンポでどっしりと歌い上げる。フォルテに来ると、分厚いサウンドが響きまくり、体中にこれでもかこれでもかと、音楽の漠流が押し寄せてくる。これぞロシアンサウンドといった、生ではの体験だった。

体中が、音漬けになってしまった。貴重な体験で、もう声も出ない!

« 10月29日(土) シェイクスピアとオペラ | トップページ | 1カ月ぶりです »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/53159104

この記事へのトラックバック一覧です: 11月3日サンクト・ペテルブルグフィルハーモニー交響楽団:

« 10月29日(土) シェイクスピアとオペラ | トップページ | 1カ月ぶりです »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ