« アドリアン・ユストゥス ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 名フィルしらかわシリーズVol.18 シューベルト・ツィクルスⅡ »

2012年1月21日 (土)

オペラと魔女

aafコンサートシリーズ音の楽園 The Three by One vol.2 part2 オペラと魔女」

日時  2012/01/21() 13:30

  会場 愛知県芸術劇場コンサートホール

バリトン:須藤慎吾、メゾソプラノ:清水華澄、ソプラノ:醍醐園佳

ピアノ、ナビゲーター:服部容子

合唱:AC合唱団、合唱指揮:大川修司 

演目・曲目 

ヴェルディ作曲:オペラ「マクベス」より、魔女たちの合唱(女声合唱)あんた何やってんだい? “炎の中を進むのだ”(マクベス、初演版<1847年>)、

オペラ「イル・トロヴァトーレ」より“炎は燃えて”(アズチェーナ)、

“君の微笑み”(ルーナ伯爵)、

ビゼー作曲:オペラ「カルメン」よりハバネラ(カルメン)、 闘牛士の歌(エスカミーリョ)、

フンパーディンク作曲:オペラ「ヘンゼルとグレーテル」より粉の準備ができたよ“(魔女)

ドヴォルザーク作曲:オペラ「ルサルカ」(チェコ語)より“白銀の月よ”(ルサルカ)、魔女のおばさま“

(ルサルカと魔女イェジババの二重唱) 

ラヴェル:水の戯れ

マスカーニ作曲:オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より“ああ、神様が私のところへ”(サントゥッツァ、アルフィオ)、

ヴェルディ作曲:オペラ「マクベス」より、“さかりのついた牝猫が三度鳴く”(魔女たち)、

哀れみも、誉れも、愛も“(マクベス)

コレペティトールとして、オペラの裏も表も知り尽くした服部容子が司会進行解説者ピアニストとして八面六臂の大活躍で、魔女をテーマにして、来る3月の「マクベス」公演(演奏会形式)へ向けての事前準備を兼ねたコンサートなので、気軽に参加した。

バリトン:須藤慎吾、メゾソプラノ:清水華澄共に声量も十分でさすが日本を代表する歌いて日被いているだけあった。また、ソプラノ:醍醐園佳は、両者に較べると若干貫禄では見劣りがすすが、その分清新さで、十分満足させてくれた。

県の主催とあって、入場料も割安で、いうこと無しのコンサートだった。

« アドリアン・ユストゥス ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 名フィルしらかわシリーズVol.18 シューベルト・ツィクルスⅡ »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520862/53847554

この記事へのトラックバック一覧です: オペラと魔女:

« アドリアン・ユストゥス ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 名フィルしらかわシリーズVol.18 シューベルト・ツィクルスⅡ »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ