文化・芸術

2010年12月 1日 (水)

11月総括

まず後半の個人的なビッグニュースは、CDプレイヤーの衝動買い。ネットオークションで、DENONの数年前からのロングセラー高級機を定価の半額以下で落としてしまったこと。

実際に聞くまでは、期待と不安が錯綜していたが、いざ音を出してみると、今まで使ってきたものとは別次元の音が出てくるのに、感激。

少しの時間しかまだ聞いていないが、思いつくCDをとっかえ引き換え聴いてみたが、立体感といいボリューム感といい、また微細な音まで聞こえてきたりと、もう天国に上る気持ちです。

おかげで、今まで聞けなかった部分が効けて、改めて演奏の素晴らしいCDを発見したりでき、これからも、少ない自由時間は、CD鑑賞中心になることでしょう。

下旬もコンサートは充実して、カルミリョーラ&ベニスバロックアンサンブル、堤剛チェロソロ、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツカンマーフィル、ワルシャワ室内歌劇場「魔笛」。

3つのコンサートはいずれも甲乙付けがたいすばらしいものでした。

あと一つも、それなりに楽しみました。

2008年9月14日 (日)

いとしのエリー?

FM放送を聴きながら、横になってウトウトと良い気持ちでお昼ねをしておりましたら、突然心に響いてくる歌声が。

実に味のあるその歌い手は、レイ・チャールズ!

旋律は、サザンの「いとしのエリー」そのもの。

まさに、音喰おじさん の琴線にずっしりと響いてきました。

後で、娘にこの話をしたら、

だいぶ前から、そのカバーアルバムは出ている 

と、冷たくあしらわれた クラシック以外は 今浦島 であることを痛感したのでもありました。

NHK番組表で調べてみました。(便利な時代ですね)

「エリー・マイ・ラヴ(いとしのエリー)」(レイ・チャールズ) 

   <ビクター・エンタテインメント VICP-62132>

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ